<巨大UFO映像情報元>【Brien Foerster】
https://www.youtube.com/@brienfoerster

最近のUAP(未確認異常現象)の傾向についていくつか情報があります。
米国国防総省による情報公開:AARO (All-domain Anomaly Resolution Office) の設立: 米国国防総省は、UAPに関する調査と情報公開を強化するためにAAROを設立しました。
ウェブサイト公開: AAROは、UAPに関する機密解除された情報や報告されたUAPの傾向などを公開するウェブサイトを開設しました。(https://www.aaro.mil/)
議会への報告: AAROは議会に定期的に報告を行い、UAPに関する情報を共有しています。
報告件数の増加:

軍関係者からの報告増加: 軍関係者からのUAPの目撃報告が増加しています。
報告システムの改善: 報告システムが改善されたことで、報告しやすくなったことも増加の一因と考えられます。
UAPの正体に関する議論:

風船やドローンなどの可能性: 多くのUAPは、気球、ドローン、鳥などの既知の物体である可能性が高いとされています。
未知のテクノロジーの可能性: 一部のUAPは、まだ人類が知らない高度なテクノロジーを持つ物体である可能性も議論されています。
今後の展望:

さらなる情報公開: 米国政府は、UAPに関する情報を今後も公開していく方針を示しています。
国際的な協力: UAPの調査には国際的な協力が重要であり、各国間の情報共有が進むことが期待されています。
これらの情報は、主に米国国防総省やAAROからの情報に基づいています。UAPに関する研究は現在進行中であり、今後の情報公開によって、より多くのことが明らかになる可能性があります。

【入会方法】正規会員入会募集中です。
■宇宙形而上学協会 イズ・ビー

入会申し込み


_____________________

■ UMMOBOOK(第1巻〜第6巻)発売中!
購入フォーム<在庫僅か>
http://yoyo555max.com/script/mailform/ummobook2-3/
_____________________
<連絡先>
isbe@yoyo555max.com
#UFO #UFO最新映像 #宇宙人