メキシコで宇宙人の死体とされるものが公開された。

大きく前に突き出した顔に、細長い手足、指は3本。

メキシコ議会で12日、UFO(未確認飛行物体)に関する初の公聴会が開かれ、宇宙人の死体とされるものが2体公開された。

2017年に南米ペルーで回収されたもので、それぞれ700年前と1800年前のものとされている。

専門家は、DNA鑑定などの結果、人間と関係のないものだと断言している。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/