「私たちは宇宙で一人だけなのだろうか?」この疑問から、遠い昔から地球を密かに監視している未知の存在を指す「ラーカー」という概念が生まれました。もし異星人が地球を監視しているとしたら、その意図は何でしょうか。ジェームズ・ベンフォード氏らの異星人に関する主張と、天の川銀河に存在する悪意ある異星人について詳しく紹介し、その意義と可能性について考察していきます。

01:49 広大な宇宙に散りばめられた異星人の探査機
03:08 ラーカーで監視する宇宙空間
04:40 知的生命体の痕跡以外にも有意義な計画
05:19 異星人は監視目的で定期的に地球に来ている
07:02 人類の宇宙進出を阻止する異星人と技術の習得をめざす大国
08:59 悪意ある異星人の地球侵略と確率
10:51 天の川銀河に存在する悪意ある異星人文明
11:51 異星人と人類の類似率
12:53 もし異星人が実際に見つかったら?
14:15 未知との遭遇に関しての国際的ルール
15:36 地球外文明の発見は? もしコンタクトがあった場合

人類史以前の超文明がかつてシベリアに繁栄していた 謎に包まれた死の谷に残る伝説

古代からのUFO目撃談 絵画に描かれたUFO 地球外生命体の存在

人間に寄生する地球外生命体の存在 UFOと宇宙人は別次元から来ていた 異星人が阻止する人類の宇宙進出

人類誕生以前の南極古代文明 地球外訪問者の文明の可能性 科学と形而上学の交差点

再生リスト↓
宇宙やパラレルワールド
https://www.youtube.com/playlist?list=PLdqx07IteHXZPYOfewRWCvEYiUxSVvZ0F