アメリカの国防総省は12日、アメリカとカナダにまたがるヒューロン湖の上空で、未確認の「飛行物体」を撃墜したと発表しました。国防総省によりますと、飛行物体はヒューロン湖の上空およそ6,100メートルを飛行していて、バイデン大統領の指示に基づき、アメリカ軍のF16戦闘機がミサイルで撃墜しました。今月に入って、アメリカ軍機が撃墜した気球などの飛行物体はこれで4件目です。物体の詳細は不明で、今後、物体の残骸を回収し、飛行目的などを分析します。一方、中国・山東省青島の海洋発展局はきのう、正体不明の飛行物体を発見し、撃墜する準備をしているとして、周囲の漁船に注意を呼び掛ける通知を出しました。ただ地元当局は「飛行物体の具体的な状況については情報に接していない」としています。

#アメリカ #国防総省 #ヒューロン湖 #飛行物体 #F16戦闘機 #ミサイル #撃墜

WBS、モーサテ、ガイアの夜明け、カンブリア宮殿などが見放題!
「番組未公開」コンテンツも盛りだくさん。
日本最大級の経済動画配信サービス「テレ東BIZ」。

▼▼「テレ東BIZ」はこちら(入会月無料)▼▼
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/lp/?utm_source=youtube&utm_medium=meta